建築地盤のコストダウン

建築地盤のコストダウン

調査できまる地盤のコスト

調査を少し余分に実施しただけで改良コストが安く済むことがよくあります。 たとえばサンプリングにより試験を追加したために沈下の心配がいらないことが分か ることがあります。

含水比測定

地盤に応じた工法選択でコストが変わる

工法選定によって大きくコストは変わります。柱状改良と鋼管杭では2 倍ほどコストが 変わることもあれば逆転することもあります。これは2 つの工法で支持する深さが違う ためです。また表層改良よりも柱状改良が安くなることもあり逆もあります。これは短 い柱状改良で済めば案外安くなるためです。したがって地盤に応じた工法選定でコスト が変わります。

無料で判るあなたの土地

工法の設計力でコストも変わる

同じ柱状改良や鋼管杭でも、深さと改良径を変えることによって安全にコストが下がる 場合がよくあります。また摩擦杭を利用することで安全にコストが下がる場合もありま す。これらからも知識と経験の豊富な設計者が設計することが大切です。

ラビングコラム

目的別で選ぶ

  • 三友土質の特徴が知りたい

    三友土質エンジニアリングの強みや特徴に お答えします。

    詳細はこちら
  • 地盤の基礎知識が知りたい

    とかく解りにくい地盤の話をお答えします。

    詳細はこちら
  • 地盤の耐震が知りたい

    地盤の震動についてお答えします。

    詳細はこちら
  • 建築地盤のコストダウンをお考えの場合

    地盤のコストダウンはまだまだ可能です。

    詳細はこちら
  • 地盤の新技術が知りたい場合

    三友土質エンジニアリングは、新技術に取り組んでいます。

    詳細はこちら