地盤改良

地盤改良

  • サンコラム工法(柱状改良)

    サンコラム工法(柱状改良)

    三友土質エンジニアリングの柱状改良には次のようなラインナップがあります。

    • サンコラム通常柱状改良
    • サンコラム-D(ドロコン)六価クロム非溶出型を仕様する環境対応コラム
    • サンコラム-S(スーパー)サンプリングによる全保証対応ローコストコラム
    • サンコラム-U(ウルトラ)ローコストで高支持力の芯材入りコラム(特許)
    • サンコラム-M(ミラクル)樹脂の添加により超高強度改良が可能

    地盤の状態に合わせて、それぞれを組み合わせることも可能です。

    トップへ戻る
  • ラビングコラム工法(パイルド・ラフト)

    ラビングコラム工法(パイルド・ラフト)
    概要
    ラビングコラムは従来の柱状改良や鋼管杭などの基礎工法に比べ、低価格で不同沈下を低減する工法です。最新理論による優れた設計ソフトを使用して、緻密かつスピーディーに設計し、高い安全性と耐震性、低価格を可能にしました。
    本数・深さが低減し、低価格!
    最先端の設計技術を取り入れることにより支持力を高めながらも、従来の柱状改良よりも少なく浅い施工を実現。これにより、安価で高品質な施工が可能となりました。
    不同沈下を低減!
    ラビングコラムはベタ基礎に杭を付加して支持力を拡大することで、沈下低減効果をさらに高めています。
    地震時に振動が伝わりにくい!
    支持杭の場合、支持層からの地震動が杭を通して建物へ伝えられるため建物が破損しやすいのに対し、ラビングコラムは支持層と杭が離れているので地震動が直接建物に伝わらず、建物の破損を軽減します。
    基礎下の空洞発生が少ない!
    ラビングコラムは抜け上がりによる空洞や杭の破損が生じにくく、不同沈下の発生を最小限に抑えます。
    建物のクラック発生が少ない!
    最新の設計により優れた支持力を実現。ゆがみなく住まいを安定して支えるので、クラックの発生など、住まいのトラブルを最大限に抑止します。
    トップへ戻る
  • くし兵衛工法(性能証明)

    くし兵衛工法(性能証明)
    概要
    くし兵衛工法の掘削攪拌装置は、セメント系固化材スラリーと地盤との攪拌性能を向上させるために、 共回り防止翼と、その上下の攪拌翼に鉛直方向の突起を複数設けたことを特徴とする
    この掘削攪拌装置を用いることにより、低軸回転数、高速での施工を可能とするとともに、改良体の 品質の向上が大幅に図れます。
    特徴
    従来工法(柱状地盤改良工法)と比べ、
    • ■高品質
    • ■高強度
    • ■時間短縮
    • ■低コスト
    を実現!
    トップへ戻る
  • しん兵衛工法(合成コラム、性能証明)

    しん兵衛工法(合成コラム、性能証明)
    概要
    柱状地盤改良工法の支持力は、その耐力による制約から、地盤の支持力が有効に発揮されておりません。
    本工法は、節付細径鋼管とソイルセメントコラムとの一体化を図ることで、地盤の支持力を有効に発揮させることを目的として開発しました。
    特徴
    従来工法(柱状地盤改良工法)と比べ、
    • ■高支持力
    • ■高耐力
    • ■残土減少
    • ■低コスト
    を実現!
    トップへ戻る
  • サンライム工法(乾式表層改良)

    サンライム工法(乾式表層改良)
    概要
    サンライムは、建物の基礎下の比較的浅い地盤の土と固化材(特殊セメント)を混合攪拌し、固化させ、強力な地盤を作ります。
    特徴
    • ■比較的浅い層の軟弱地盤に適応します。
    • ■荷重条件と地盤条件から、改良厚を決定します。
    • ■他工法に比べ施工日数が少ない。
    • ■当社開発のミキシングフォークを利用して、ムラのない混合攪拌を行ないます。
    トップへ戻る
  • サンマッド工法(湿式表層改良)

    サンマッド工法イメージ

    本工法は現状土に水とセメント系固化材を、
    混合してできる改良土を用いて構造物等の地盤を、
    固化材の添加量などを調節することにより必要な
    強度を任意に設定できる工法です。

    サンマッド工法《マッドソイルセメント工法》について
    特徴 設計
    • (1) 表層改良(乾式)にくらべ高い強度がえられる。
    • (2)硬化前は流動性を持つので、狭い空間にも容易に充填できる。天端調整が容易。
    • (3)ラップ施工による柱状改良にくらべ工期が短くコストが安い。
    日本建築学会「建築構造設計指針」に基づき地盤の長期許容支持力度を決定する。 配合基準の決定は事前に土を採取の上、室内配合圧縮試験の結果のより決定する。
    施工
    水/固化材比、注入率、調整含水比による施工管理を実施する。
    トップへ戻る
  • ピュアパイル工法(性能証明)

    ピュアパイル工法(性能証明)

    ピュアパイル工法は、セメントミルクを地中でそのまま柱状に固化させるため、地盤種別によらず、いつでもどこでもどんな場合でも高品質で高支持力を発揮する安心確実の戸建住宅用、杭状地盤補強工法です。

    トップへ戻る
  • ジオクロス工法(審査証明:シート補強)

    ジオクロス工法(審査証明:シート補強)
    概要
    ジオクロス工法は、建物荷重で発生するシートの張力により建物荷重は分散され、シートのハンモック効果により地盤沈下や不同沈下が抑制されます。
    特徴
    • ■施工管理が目視でできるので確実。
    • ■施工深さが浅く済むので文化財埋蔵地域に向く。
    • ■狭い場所やアプローチに段差がある地域でも施工可能。
    トップへ戻る